消火器、誘導灯などの点検・修理・交換、消防設備や防犯設備についてのご相談ならテクニコ株式会社へ(大阪・東京)

1.消防設備点検の点検内容と点検周期

消防点検は対象の建物につき1年に2回点検を行う必要が有ります。
機器点検では半年に1回以上消防設備の配置や損傷などを点検し、総合点検では1年に1回設置されている設備に応じて起動させて点検します。
点検の終了後は必要に応じて機器の交換、修理、施工を行い、点検結果を毎回消防署へ報告します。

■機器点検
6ヶ月に1回行われる点検です。消防設備が適切に配置されているか、外観に損傷が無いかなど、主に対象設備の外観目視点検、簡易な操作による設備の機能点検を行います。
■総合点検
1年に1回行われる点検です。機器点検よりさらに詳細な点検で、設置されている消防設備に応じて実際に起動させ正常に動作するかを確認します。
この際、同時に機器点検も行われますので正確には[機器・総合点検]といいます。

2.消防用設備点検が必要な設備▶︎

面接希望等、お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-6973-0012 受付時間 8:45 - 17:30 [日・祝を除く]

PAGETOP
Copyright © テクニコ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.